支払いが困難になったらクレジットカード現金化で解決します

<毎月の支払いが滞ってしまうとクレジットカードの信用情報に影響が出てきます。 支払いに追われるようになってしまうと仕事やプライベートにも支障が生じてしまいますから、クレジットカード現金化していけば困難な支払いが解決します。 ここではスマホのかんたん決済とクレジットカード現金化について解説していきます。

スマホのかんたん決済は便利ですが支払いは一括払いです

通信料と一緒に払うかんたん決済は現金化にすることはできますが、クレジットカードとは異なるので分割やリボ払いには応じていません。

料金は通信費と合算して翌月一括払いとなります。

限度額いっぱいまでかんたん決済を使ってしまうと支払いが大変になってきます。

支払いが迫ってきたらクレジットカード現金化で支払いを済ませていけば分割できるようになります。

カードなら分割払いやリボ払いが選べます

分割払いは12回、24回、36回とカード会社に応じてそれぞれ選べます。

限度いっぱいまで換金できますから50万円現金化しても分割払いにしていけばいいので楽です。

借りたら返しての繰り返してができるリボ払いも利用すればお金に困ったときいつでも換金できます。

リボ払いは毎月繰り返しているとなかなか返済が終わらないので、余裕ができたときに分割払いに切り替えた方が早く返済が終わります。

現金化業者の方では返済方法が選べるので分割、リボ払いどちらでも都合に合わせて可能です。

スマホかんたん決済とクレジットカードの換金率

換金率は現金化業者によって少し異なりますがクレジットカードの場合は平均すると80%ほどです。

かんたん決済だとお店が限られてくるので買うものが自由に選べないことがあります。

業者を通しても70から75%ほどの換金率になることがあるので注意して下さい。

クレジットカードの方がいろんなお店で買い物できるので便利です。

かんたん決済は半分までプリベイトカードに入金できる

キャリアごとに使える額は決まっており3万円までの使える状態なら1.5万円まではプリベイトカードに入金ができます。

あとの半分は携帯電話とつながっている会社の月額コンテンツなどを利用して払う仕組みになっています。

月額コンテンツでも60%ほどのキャッシュバックを行っているのでアプリをインストールして登録したり、web上のコンテンツに登録すればキャッシュバックを受け取れます。

例えば5000円の月額コンテンツを6つ登録すれば3万円の支払いになりキャッシュバックは1.8万円ほど受け取れます。

クレジットカード現金化の換金率は平均80%あります

かんたん決済の月額コンテンツのキャッシュバックが60%なのに対し、クレジットカード現金化は平均して80%です。

3万円の換金をしたとして2.4万円戻ってきます。

キャッシュバックと比較すると6千円ほど差が出てしまいます。

クレジットカード現金化がいかに得するかおわかりいただけると思います。

分割やリボにも対応しているのでスマホの支払いは基本料と通信料だけにしておき、かんたん決済はなるべく使わないようにした方が利率的にも得です。

まとめ

スマホのかんたん決済とクレジットカードの現金化について説明してきました。

かんたん決済は便利な反面、換金率が下がってしまうのと一括払いがネックなので、もし現金が必要ならクレジットカードを先に現金化した方が有利です。

ピンチに陥ったらクレジットカードのショッピング枠の残高を現金に変えれば急な出費に対応できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です